2009年09月19日

兎-野性の闘牌-

兎-野性の闘牌-

いじめられっこの高校生・武田俊が風間巌率いる高校生代打ち集団ZOOに入り、麻雀を通して成長していくストーリー。 同じ高校の知り合いである山口愛がきっかけで麻雀をはじめる。ZOOのメンバーであった彼女に連れられて入園試験をクリアしメンバー入りする。 その後同じテリトリーで代打ちをしている広域指定暴力団:山城組の打ち手たちに山口愛が罠にかけられたことをきっかけとして、新庄直樹・仙道真澄らが率いる「山城の代打ち」と、風間巌の率いる「ZOO」の全面対決が行われる。(〜3巻前半)

その後、新庄直樹が処刑されその娘の香那と共に山城麻雀に挑む「山城麻雀編」、 山城麻雀勝利後、D・D率いる外国人代打ち集団との七夕に関東1都6県で対決する「D・D編」、 七夕対決で敗北し解散させられたZOOであったが再び結成、力の限界を感じた園長と仙道を残して最終決戦に向かう「裏社会血闘編」へとつづく。

他の麻雀漫画と一線を画する特徴は、それぞれの打ち手はある種の天性の能力を持っており、それらを駆使し麻雀を闘い抜くというところにある。団員のニックネームはその能力から取られている。

(WIKIより)

ぷれすて2ソフトいっぱい出てるよね。

個人的にはジャッカルになりたい。
カッコイす
posted by カエルの日 at 01:01| Comment(0) | 兎-野性の闘牌- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。